お天気にめげずエンジョイするナポリ人達

2017.06.26 Monday

0

     

     

     

    いつも一緒に旅行するナポリ人の友人、アントニオは土地鑑定士

     

    (イタリアでは大変重要なポジションで、土地家屋の売買は、鑑定士の発行する

     

    書面で管理されていて、政府機関や地方自治体には全く届け入れはしないシステム)

     

    奥様は、精神科医で、同じナポリ出身、15、16歳位からずーっと一緒に過ごしているそうです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ポルトフィーノの広場にウィンドーがあるサラさん邸に泊めてもらって

     

     

    車が入ってこられない、ポルトフィーノの広場を眺めます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    いつも太陽と共に移動している彼らに今回のお天気はダメージ、ですが、

     

     

    ’What a Beautiful Day' と言って、ビーチにやってきました。

     

    着替えようとしているサラさんの小さな着替え用のキャビンにアントニオが入っていって

     

    あまりに面白いのでまず、カメラを向けます!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ポルトフィーノは、ヨーロッパの各地からメガヨットや、素敵なクルーザーで

     

    立ち寄る最高級ポートです、イタリアのブランドはほとんどショップを持っています。

     

     

     

     

     

     

     

    来るときに見つけた、ベルルスコーニの息子のテスタロッサ

     

    普通は、車が入れない広場ですが、今日はフェラーリーだけは駐車して良いようです、

     

    雨模様で、気分が晴れませんが、いろんな企画があって、人を飽きさせません。

     

     

    日曜日でミサに行ったナポリ人の友人達は、冷たく冷えた白ワインで、早速フェスタを始めました。

     

     

     

     

     

     

     

    アントニオの義弟が建築家で、このお宅の改装を手がけているので

     

    夕食に招待されました、、、、、、、、、空模様は気にせず、楽しいことばかり考えている

     

    ナポリ人ーWhy not?       

     

     

     

     

     

     

    ミラノの街角から

    2017.06.23 Friday

    0

       

       

      倉俣史郎さんの作品を彷彿させるアートワーク、

       

       

      日本人シェフがスタートしたレストランーTOKUYOSHI

       

       

      クリストフが最初連れて行ってくれて感動しました。

       

       

       

       

       

       

      このイワシの料理の名前が、’魚拓’!

       

       

      日本料理とイタリア料理の良いところをミックスして、特に、野菜をベースにした

       

      スープが各お皿ごとに出てきて、胃にとても優しい心使いが嬉しいです。

       

       

      クリストフは食べ始める前に、このアートワークを壊しても良い?と聞いてました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      今夜は、インテル二のジルダ編集長と一緒です、インテル二のアートディレクターを

       

      30年していて、去年辞めた時は、どうなるかと思いましたが、相変わらず

       

      仲良くしています、よく一緒にジルダのシチリアの別荘に行くのですが、

       

      今年暮れには、キューバに行く計画を話しています。

       

       

       

       

       

       

       

      ポルタ ジョエノバに一週間前にオープンした男性用ブティック

       

      ブルックリン スタイル、ミラノでも流行っています。。。。。。

       

       

       

       

       

       

       

      ボッテガヴェネタインテリアショールームが、元ドリアデの場所に!

      2017.06.22 Thursday

      0

         

         

         

        日本の雑誌に、ボッテガヴェネタの新しいショールームの写真があり、

         

        立派なフレスコ画で見覚えがあるな〜と思っていたら、元ドリアデのショールームでした、

         

        80年代、アルマーディ=画期的な収納システムーオイコスで一世を風靡したドリアデでしたが

         

        時代の流れには逆らえないのか? 投資会社の配下になったことを今年のサローネで知りました。

         

         

         

         

         

         

        アルマーニや、ジャンニ ベルサーチ等のファッションブランドの家具よりは

         

        とても上品で、作りもしっかりしていて、ベネト地方、ビツエンツアに本拠を構える

         

        ボッテガヴェネタの物つくりのフィロソフィーを感じるショールームです。

         

         

         

         

         

         

        イタリアは地域によって、価値観や生き方がとても違うのを感じますが、

         

        北イタリアの中でも、ビツエンツアのあるベネト人達の勤勉さは、地理的に

         

        オーストリアに近いこともあり、目を見張るものがあります。キッチンや家具の扉や

         

        箱を大量生産していることでも有名で、一度扉の工場見学の旅行をしましたが

         

        各メーカーごとに、特色を持っていて塗装、メラミン、框等々、生存競争の激しい中

         

        生き延びている様子が印象的でした。

         

         

         

         

         

         

         

        広いショールームの中を歩いて行くと、デザインのコンセプトは全く違うコーナーがあり、

         

        アテンドの方に伺ってみると、ポルトローナフラウのショールームとか?

         

         

        サローネなどのテンポラリーな展示ではないのに、二つの全く資本系統も違う家具会社が

         

        一緒にショールームを共有しているー今までになかった経験でびっくりしました。

         

        よく考えれば、最高のロケーションとフレスコ画や古い建物がそのまま保存されている

         

        状況は、ミラノでも中々ないので、合理的だと思いました。

         

         

         

         

         

         

        ポルトローナ フラウは、トリノに本拠を持つ、やはり革専門の家具会社

         

        20年代にサボア家ー御用達になって以来、豪華客船やリゾートホテルの家具を手がけ、

         

        80年代には、自動車業界、飛行機のファーストクラスのインテリアも手がけてきた様子で、

         

        カッシーナ、カッペリーニ等の投資会社の仲間入りをしたそうです。

         

         

         

         

         

         

         

         

        それにしても、グッチなどのグループのボッテガヴェネタと

         

        カッシーナ等の投資会社の全く違うグループ会社のコラボは

         

        不思議なようで、理にかなっているのかも知れません。。。。。。

         

        変遷を重ねながら、美しく変貌するミラノのインテリア業界です。

         

         

         

         

         

        OMAが手掛けた’リナシェンテ’100周年

        2017.06.22 Thursday

        0

           

           

           

          ミラノに到着してまず第一の仕事は、親友クリストフラドルを訪問をすること。

           

          インテル二誌のアートディレクターを長年して来たので、デザイン界での

           

          動向にいつも敏感、そして美しいことを発見するのが生きがいのグラフィックデザイナー

           

          限られた滞在期間に見ておくことをいつも聞くことにしています。

           

           

           

           

           

          クリストフのお勧めは、レム クールハウス率いるOMAが手掛けた

           

          ミラノのデパート’リナシェンテ’100周年記念イベント!

           

           

          早速、パラッツオ レアーレに展示会を見に行きました。

           

          企業の100周年?ちょっと首を傾げて行きましたが、OMAが会場構成しているだけあって

           

          素晴らしい展開、映像で見せたり、時系列でのデザインの変化を色々な方法で見せています。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          マックスフーバー氏のデザインー奥様の葵さんとは30年来の友達で、

           

          フーバー氏のことは沢山伺っていましたが、リナシェンテのメインのグラフィックは

           

          彼の作品!そういえば、日本の三越も、画家ー猪熊弦一郎さんのグラフィックが

           

          パッケージに使われているのを思い出して、時代を感じました。

           

           

           

           

           

          葵さんもグラフィックデザイナーで、お父様が北欧で勉強するように

           

          デンマークに連れって行ったのに、いつの間にか、イタリアに辿り着き、

           

          お父様の友人だった、マックスフーバーさんと出会い、、、、、、

           

          キアッソのご自宅には、カスティリオーニさんが、よくワインを飲みにいらしていた

           

          話を伺いました。。。。。。。

           

           

           

           

           

           

           

          世界一重要なデザイン賞ーコンパッソ ドーロ賞と、リナシェンテの関係を説明するコーナー

           

           

          1950年代からのイタリアデザインを懐かしい作品たちと一緒に展示していました。

           

           

           

           

           

           

           

           

          コンパッソ ドーロ賞のエンブレム!!!

           

          リナシェンテが、イタリアデザイン界の歴史とともに変遷して来たのを

           

          感じる展示内容です。

           

           

           

           

           

           

          マルコ ザヌーゾ、アキーレ カステリオー二、リチャード ムナーリ、

           

          ジオ ポンティ、、、、、、、イタリア工業デザインを支えて来た作家の

           

          作品と解説、まるでデザインミュージアムのようです。

           

           

          最後のコーナーでは、リナシェンテの戦争を経て、色々な危機を乗り越えた歴史が

           

          美しい映像で流れています。。。。。。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          リチャード セラーの作品があるオランダーワセナ私立美術館

          2017.06.19 Monday

          0

             

            今年は4月のサローネ視察のあとの、オランダと、6月のビルバオ

             

            グッゲンハイム美術館での ’リチャード サラ’、二度 サラの大きな作品に出会った。

             

            コンセプチャル アート、ピカソを超えるアーティストになることが、セラの

             

            目標だったと、、、、、、、

             

             

             

             

             

            オランダ・ワセナ最高級住宅街にある、個人所有の美術館。

             

             

            水面下に三分の一、沈んでいるオランダは東インド会社を通して

             

            多額の富を築いたと聞いています、このワセナは、オランダの中でも

             

            富裕層の住宅街があるようです、広大な敷地にあるお屋敷のオーナーの

             

            仕事をお聞きしたら、’イギリスなどの保険会社に地震保険等のスポンサーをしているとか?’

             

            スケールの違う、お金持ちが多いヨーロッパです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            広大な敷地に、現代美術館を建てる、アムステルダムの国立美術館

             

            RIJKS 美術館の館長を、キュリエイターに招聘してのコレクションの数々。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            美術館巡りが一番の楽しみです!