エットレ ソットサスの70年代にデザインした住宅

2018.06.18 Monday

0

     

     

    今年のサローネ時に、ソットサスのパートナーだったジョアンナ 

     

    グラウンダー女史の展覧会で、このエレナさんにお目にかかりました、

     

    1970年代に、エットレ ソットサス氏に住宅設計を依頼した

     

    ギャラリストです、80年代にメンフィスで突如、有名になりましたが

     

    70年代は無名のエットレです、やはり先見の明があったのでしょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    羨ましい限りの中庭に、バーゼルのアートフェアーからイタリアに

     

    寄ったという、ソットサスのコレクター夫妻も一緒でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    影響力を持ち続けるエットレ ソットサス氏、

     

    エレナのお宅に行ったら、やはりこの本棚は気にいらないので

     

    別のデザインをして持ってくるよ〜と言い始めそうです。。。。。。

     

     

     

     

     

    MA/Uも買収したボッフィー

    2018.06.14 Thursday

    0

       

       

       

       

      キッチンのバックセットにもなり、寝室やリビングの棚にもなる

       

      MA/Uの金属棚のメーカーもボッフィーの仲間に入った様子です、

       

      去年のデ パドバ社の買収以来、キッチンから始まるリビング、寝室、

       

      浴室のトータルデザインもこれで一段落でしょうか。

       

       

       

       

       

      日本人デザイナーのOMIさんのソファー、彼もボッフィーの物つくりの

       

      やり取りのいかにスムーズかを褒めていました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      スケルトンの状態で、アパートメントを買う欧米ならではの

       

      デザインの統一、アングロサクソン系のロンドン、ニューヨークが

       

      主力マーケットのようですが、何社もある企業を一つのデザインポリシーで

       

      纏めて、その上で、また新しい会社の買収を続けるボッフィー

       

      いつも訪れるのが楽しみなショールームです。

       

       

       

       

       

       

       

      アゼディン アライアの展覧会ーデザインミュージアム

      2018.06.11 Monday

      0

         

         

         

         

         

         

         

        チュニジア出身のアゼディン アライアの展覧会がロンドンのデザインミュージアムで

         

        開催されていました、今年1月のパリのアライア自身のギャラリーよりも大きな規模で、

         

        突然去年暮れに亡くなる以前に、アライア氏も参加しての企画だったようです。

         

         

         

         

         

         

         

         

        ジョーン ポーソン氏設計のデザインミュージアム

         

        世界のジャンルを超えてデザインという括りでキューレーションされています、

         

        勿論、エットレのバレンタインを始め、メンフィスの活動も沢山常設で展示されいます。

         

         

         

         

         

         

        アライアの洋服の後ろのスクリーンは、アライアの友人達が

         

        デザインしています、とても面白い展覧会です。

         

         

         

         

        ロドニー キンズマン夫妻、家具の輸入をしていた時代の友人です、

         

        空港の椅子に特化してデザインして来たロドニーは大成功して

         

        ロンドンのボンドストリートに自社ビルで、彼のデザインしたショールームがあり、

         

        75歳とは思えない勢力的なデザイン論を4時間も続けています。

         

        80年代の様に、メンフィスが生まれ、デザインの革命が起きていた時代を

         

        懐かしんでいました、、、、、、、でもロドニーは今もデザイン革命をして

         

        居る様です。。。。。。

         

         

         

         

        展示ブースがお洒落になった’インテリア ライフスタイル展’

        2018.06.02 Saturday

        0

           

           

           

           

           

           

          今年のフェアーは、展示方法もお洒落になって、

           

          キッチンハウスに使えそうなキッチンウェアーが一杯です。

           

          イタリアにいるグラフィックデザイナーから、

           

          今年は素敵だから是非行くようにとのことでサイトが送られてきました。

           

          https://casabrutus.com/design/75742

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          インドで生産しているラグや、マットな陶磁器、展示方法も

           

          デザインされていて、フランクフルトのメッセと協賛しているとの事で、

           

          海外からのメーカーも展示されていました。

           

           

           

           

           

           

          アウトドアーの品々も、手作りぽくって若い世代に受けそうです、

           

          メーカーも3、4代世代と、デザインコンシャスな経営者が増えて、

           

          日本のライフスタイルも向上して行く事でしょう、、、、、、、

           

           

           

           

           

          キッチンハウスを採用頂いた友人邸

          2018.05.30 Wednesday

          0

             

             

             

             

             

            出江 潤さんー建築家の自邸にキッチンハウスのキッチンが採用され、

             

            ご両親と親しくさせて頂いていたので伺いました、奥様の実家の

             

            大きな敷地に、400年の歴史のある御宅を改造されて、無事納品されました。

             

            吊り扉の下端と、換気扇と高さが合っていて、とてもシンプルに収まっています。

             

            拘りの取手も作家の作品、とても使いやすそうなキッチンです。

             

             

             

             

            中庭に設えた、硝子の部屋、ゆくゆくは彼の書斎になるようです、

             

            手入れの行き届いた庭に小鳥のさえずり、優雅な時が流れています。