ミラノの街角

2018.06.24 Sunday

0

     

     

     

     

    サローネーキッチンの一番の関心事は、アントニオ チッテリオ氏

     

    主導に寄る、B&B社が買収したアークリネアキッチン、チッテリオの

     

    ’ディテールに神が宿る’と思わせるデザイン!そして新しく取り入れられた

     

    ペーパーストーンのキッチンアクセラリー、ショールームもドリーニ通り

     

    B&B社真ん前にオープンし、ミラノのインテリア業界が益々、キッチンから

     

    始まるインテリアの統一に磨きが掛かっている感じがします。

     

     

     

     

     

     

     

    やはり、サローネに現れた坂茂さんが、本の奥く台を設計したので

     

    見に伺ったドイツの出版社’タッシェン’ ミラノ店。

     

    ジオポンティーの照明、家具が、置かれて、本屋さんの新たな

     

    挑戦を感じます。

     

     

     

     

     

     

     

    ミラノの老舗ホテルーグランドホテル エ デ ミランのオーナー

     

    ダニエラ ベルタツオー二女史と食事、エレガントなドン カルロス

     

     

     

     

    ソルフェリーノ通りの手作り眼鏡屋さんーマルケージの四代目と

     

    そのお母様、楽しく仕事をしていてつい、不必要なメガネを買ってしまいます。

     

     

     

     

    昔の仕事仲間ーパトリシア邸

    2018.06.21 Thursday

    0

       

       

       

       

       

       

      大きな敷地に、ご両親、二人の兄弟家族と住んでいるパトリア邸

       

      古い農家を改造して、インテリアはブリアンザならではの、コンテンポリー

       

       

       

       

      中央で肩を組んでいるのが、出会った頃3歳だった娘のファビオラ

       

      成人してポリフォームでデザインをしているそうです、お昼休みに自宅に

       

      会社の同僚を連れてランチタイムをエンジョイしています、郊外では

       

      今でもランチは全員自宅で食事をするので、一時間半は十分休みます。

       

       

       

       

       

       

       

       

      B&Bやティッせタンタという、大きな家具を扱っていましたが、

       

      今は、高級な食器や家庭用品の卸をしているので、キッチンハウスの

       

      ショールームのオートクチュールのコーナーの陶器を見に来ました。

       

       

       

       

       

       

      仕事の合間にランチで自宅へ戻って、芝生の良い香りを吸って、

       

      仕事へ戻って行く、豊かな時間が流れています。。。。。。。

       

      先週は、ファッション業界に近くなった、北イタリアのデザイン界の

       

      スピーチが会社で行われた様子です。家族全員が、モダン家具の仕事に

       

      付いているパトリア家では、激しいデザイン論が取り交わされています。

       

      でも、とても牧歌的に。。。。。。

       

       

      亀の井別荘

      2018.05.23 Wednesday

      0

         

         

         

         

         

         

         

        お手入れの行き届いた庭園と、日本家屋が美しい亀の井別荘、

         

        水の音が常にしていて、日本に暮らす幸せを感じます。

         

         

         

         

         

         

         

         

        映画の助監督だったと話される、中谷健太郎さんは、随所に

         

        思い入れがあり、歴代の映画監督の名前を連ねたボードを見せて貰いました、

         

        夜美しいバーの名前は、シシリアの映画の名前が付けてあって、イタリア人も

         

        喜んでいます。。。。。立ち去りがたい風情を感じました。

         

         

         

         

        中谷健太郎さんのご案内で湯布院ー亀の井別荘

        2018.05.23 Wednesday

        0

           

           

           

           

           

           

          イタリアの友人6名が一年前から計画をして、西表島、九州にやってきました、

           

          旅行のプロフェッサーのようなアントニオは、日本人より詳しく調べてきて

           

          別府ではなく、湯布院に行きたいとのことで、建築家矢田廉則さんの紹介で

           

          亀の井別荘にやってきました。オーナーで、湯布院町興しの立役者ー中谷健太郎さんに

           

          ご案内頂きました。本は10、00冊を超え、二畳の茶室も見せて頂きました。

           

           

           

           

           

           

           

          蓄音機で聞くクラシック音楽は特別です、お天気が良かったので、

           

          近くの神社まで一緒に歩いて下さいました、、、80歳をゆうに超えておられるとは

           

          全く思えない健脚で、楽しそうに、近所の様子を教えて下さいました。。。。

           

           

           

           

           

           

          河内藤苑

          2018.05.12 Saturday

          0

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            https://kawachi-fujien.com

             

            北九州の河内藤苑、イタリアの旅行友達、アントニオ夫妻とその仲間たちは

             

            一年前から、この河内藤苑を見学する旅を企画していました、私は全く

             

            知りませんでしたが、旅行の天才、アントニオが調べて、前以てチケットも

             

            購入する必要がある事も知っていました、天候の変動などで、辿り着くまで

             

            開花状況が心配でしたが、ラッキーに丁度良い日に訪問できました、

             

            春の日差しの美しい中、ふじの香りに包まれて、幸せなひと時を過ごしました。