エットレ ソットサス展最終日

2018.03.12 Monday

0

     

     

     

     

     

     

    3月11日、トリエンナーレでのエットレ ソットサス展が最終日

     

    未亡人のバルバラ ラディーチェ女史も感慨深げに見入っておられます、

     

    キュリーエーションを担当したクリストフ ラドル氏も参加。

     

     

     

     

     

     

    去年9月のオープン時には、隈研吾氏も、ミラノでの仕事をキャンセルして

     

    駆けつけて下さいました、木組みのエットレのオブジェに親しみ深げに

     

    寄り添い、90歳の最後の日まで仕事をしていたエットレの偉大さを

     

    讃えておられました。

     

     

     

     

     

    偶然、最終日にミラノを訪れた親友の中尾真紀子さんと誠様、

     

    クリストフの説明を熱心に聴いておられます、去年はニューヨークの

     

    エットレの展覧会に行かれた両氏は、人生でこれだけ沢山の仕事して来た

     

    エットレの展覧会にとても感激されていました。

     

     

     

     

     

     

     

    初めて訪れたミラノで40年前に、エットレに会っていなかったら

     

    私の人生もたいぶ違った方向へと行っていたかも知れません。。。。。

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする