クリスマスデコレーションをした大阪ショールーム

2010.12.10 Friday

0



    キッチンハウスの大阪ショールーム


    いつの頃から日本でもクリスマスデコレーションが賑やかになったのでしょうか?


    年々飾り付けの時期が早くなる気がします。






    コマーシャルブームとは言え、せめて12月の声を聞いてから始めたいもの。。。。


    心斎橋は、クリスマスプレゼントムードで一杯!


    ツリーやイルミネーションで元気よく購買意欲を煽っています。





    キッチンハウスの大阪店は来年春頃、全フロアーがキッチンハウスのショールームに成る様子。


    とても広くなって見易くなるようですよ。


    特に、‘オートクチュール’と名打って、特注コーナーが充実するようです。

    量産メーカーが競って規格化して、もっと自分たちの為のレイアウト、

    インテリアに合ったデザインのキッチンを作りたい方にはぴったりです。




    35年以上の歴史を持つキッチンハウスならではの提案!!


    どんな新しいキッチンが登場するのでしょうか??


    楽しみです。






    このバーズアイの突き板キッチンも北イタリア一の歴史と品質で世界有数の突き板メーカー

    タブ社の突き板を使ったキッチンです。



    突き板の事は前回、イタリア、タブ社の社長,アンドレア、タリアブエさんが来日して

    このブロフでご紹介したのですが、キッチンハウスは年月を経ても、このタブの突き板を

    キッチンハウス自身で輸入して、到着した後、工場で目合わせという作業を行っています。

    日本広しと言えど、今も目合わせをしている工場は少ないようです。



    キッチンのアイランドと上の吊り戸の突き板の木目が、きっちり合っているんです。



    その気が遠くなりそうな作業がこのような気品のあるキッチンを誕生させています。







    ヨーロッパの各都市のキッチンショールームを見て歩くと、一つの特徴に出会いました。

    同じデザイン傾向のキッチンを大きなサイズでショールームに飾るのがイタリア系、小さくても

    モダン有り、クラシック有り、框系ありといろんなパターンのキッチンを見せるショールームが

    多いゲルマン=ドイツ系と分かれる気がします。


    やはりデザイン嗜好の強い北イタリアと、現実主義のドイツ系の違いでしょうか?



    大きな引き扉も、閉まった時にフラット(全く平面)に成る金具は、イタリア製だけで

    ドイツの金物屋サンにどうして、フラット金具はイタリア製だけなの?ット伺った事があります、

    そうしたら、その伯父さん真面目な顔つきで、’どうして引き扉がフラットになる必要があるの

    か?わからない!’と渋い顔をしていました。

    大切にする事の違いは大きな物だと感じました。。。。



    勿論各国,首都の有る大都市と、住宅地とはショールームの性格が違うのですが、、、、

    どうもこの傾向はある様子です。


    さて今頃、雪に覆われたヨーロッパはどのようなディスプレーで町を飾っているのでしょうか?


    ジングルベルが聞こえるようです。








    宮本亜門のホームパーティ

    2010.12.10 Friday

    0




      最近、広尾の豪邸の庭先に借家を見つけて引っ越した宮本亜門さん。


      実は、亜門のお父様とうちの母が兄弟なので、私と亜門は従兄弟なんです。


      若い時から歳が近かったからか、時々電話がかかったり、食事をしていたのですが、

      いつも舞台への情熱はかわらず強かったです。






      ほんとに元気な叔父―亜門の父です。


      うちのそばは坂が多いのですが、歩いても心臓がドキドキするような急勾配を、


      亜門の愛犬を連れて、走って登っている姿を見た時はびっくり、、、、、


      声をかけようとした瞬間、視界から消えていました。。。。。


      美味しい事、美しい事、楽しい事が大好きで!


      そして忘れてはいけないのが女性を喜ばせる才能!天才的です。


      褒める所を探すのが早くてうまくて、、、、どんなに難しい叔母さんも、スノッブな淑女も


      宮本叔父の前にはメルティング。


      それにおいしい物を褒めるのが上手で、それほどでも無いかな?と思いながら口に運んでいたら、

      横から’おいしいね〜ホントに美味しいね〜、、、、嬉しいね〜’といい続けるので、

      何だかそのような気持ちになって行くのが不思議です。





      今日は、御借りしているお家の大屋さんや、日々お世話になっている人達をご招待しての

      ホームパーティ。


      趣味の良いインテリアに、選び向かれた食器。


      お料理は皆様の持ち寄りもあり、とてもゴージャス。






      去年、忙しい時間をやりくりしてドイツ、オランダとやって来た宮本亜門氏。


      会えたのは、演劇や舞台の合間だけ、一分を惜しんで舞台見学のはしご。


      いくら聞いても訳わからないオランダ―フラミッシュ語で、5、6時間の舞台を見続けるのは

      並大抵ではないと思います。。。。


      それでも、毎日毎日、違う舞台を探し求めて見ていました、その姿勢はやはり立派です。


      仕事の合間に時間を見つけて大屋さんやお世話になっている人達をご招待!


      中々出来ない事です。


      最近長く会わない友人や、知り合いに久しぶりに会って、若い頃は自分の話しかしなかった

      人達が、非常に聞き上手になっていたり、、、、、、


      飽きさせない話題が豊富で、時間の経つのを忘れたり、、、、感激する事が多いです。


      これは少し歳をとった数少ないメリットかも知れません。


      尽きない話題と、行き届いたホスピタリティーに酔いながら時間が過ぎて行きます。


      今日も嬉しいな〜〜












      静かなる西澤渓谷

      2010.12.01 Wednesday

      0



        晩秋の西澤渓谷。



        したかった事、出来ると思ってトライした事、そしてこれからしてみたい事!



        いろいろ何とか考えてみるものの、、、、



        自分の身幅が気になったので、大好きな西澤渓谷に来ました。



        今回は必然的な訪問です。



        でも自然はいつも変わりなく、美しい音と、移ろいと優しい香りで迎えてくれます。。。。。


        春  目覚めて、、、、充実した夏を謳歌して、、、、くれないの秋を華やかに生きて、、、、、


        そして自然の摂理のまま、晩秋を迎え、枯れる事を忘れたすすきのように、吹く風に、思いのまま

        揺られて、、、、、、




        生きている事は素晴らしい!


        そのことだけは一分、一秒感じるのだれど、、、、、


        そのことを少しでも表現出来たらもっといいのに〜


        トライして、試して、、、間違った事の多かった事。


        許してもらえるかも知れないという微かな期待を胸にやって来ました、、、、、



        西澤渓谷の美しい透明な流れの音は、そのかすかな期待を肯定してくれているかのようです。





        11月の諸戸圭お料理教室

        2010.11.28 Sunday

        0



          鉢山町の諸戸 圭先生のお料理教室に再び出席しました。


          お天気の良い日曜日、お昼の日差しをたっぷり浴びてさ〜美味しいお料理に挑戦!


          11月28日のメニュ〜: いろいろ野菜のテリーヌ、ポーチドエッグとエビのパイ包み、
                       メインはローストビーフ


          お客様をお招きする機会の多くなる季節、嬉しいメニュ〜です。

          最近、友人も高齢化してきたのか?健康志向が多いのか?お野菜のメニュ〜の話で持ち切り。


          日本料理は野菜が中心で健康志向にはぴったり!


          でも煮物が続くとちょっと飽きてくるのですよね〜


          その時、新しい野菜のメニュ―はとても嬉しいです。





          いろいろ野菜のテリーヌ!


          見た目にとても美しく、温野菜なので体に優しく、とても美味しい一品です。


          レストランでは大好きな一皿,でも家では食べられないのでよくオーダーしていましたが
          そんなに難しくなく出来そうで、今度トライしてみたいメニュ〜です。(ホント?)


          諸戸 圭さんの教え方はとてもわかり易く、我が家で作ってみたくなるメニュ〜の選択が
          有り難いです。沢山あるご自分のレシピーから、生徒達でも試してみたくなる一皿を選んで
          頂いているので、教室も活気があります。






          これって何でしょうか?



          いつもパウダーで使っているので、正体は、、、、、、、


          ‘ナツメグ’!!


          オランダの友人宅にはいつもあって、お肉のお料理や、マッシュポテトには欠かせない香辛料。


          パウダーとはひと味違う香りがします。


          ポテトはちょっと、苦手ですが最近日本でも北海道産の‘インカの目覚め’はヨーロッパのポテトに近い黄色みが多いポテトで、見つけたら買うようにしています。







          ポーチドエッグのパイ包み、、、、、、、これも、インスタントのパイ皮で作るので一手間省略


          薄力粉と強力粉を混ぜて、、、、、、、、、という面倒な部分が省略されているだけで、
          今度トライしてみようかな?と思わせる一品です。


          お客様がいらした時に、お食事の前に小さなパイのおつまみを御出ししたらおしゃれですよね〜


          これも、自宅では思い付かなかった一品でこんなに簡単ならもっと早く知っていたら、、、、、


          なんて!


          でも前回のメニュ〜を、大切なお客様がいらした時に試してみたら大変好評でした。


          諸戸 圭先生のメニュ〜は、シチュ〜だったり、テリーヌだったり、前の日に準備しておける
          品々が多いので、当日お客様がいらしてからバタバタとキッチンで戦わなくていいように
          考慮されているので、とても気が楽にご招待出来ます。








          今回は12名の生徒だったので、ローストビーフは1、8KG


          フライパンでお肉をシールする所から始めて、、、、この量で約30分、オーブンに入っていました。。。。お肉が冷蔵庫から出されていて、火の傍にいたので少し暖められていた時間を計算して
          30分で一度オーブンから出して、お肉の様子を見ておられました。


          隣の生徒サンから、’お肉の焼き加減って、あのように触って弾力を見るんでしょうけど、難しい
          ですよね〜’  と、全く同感! やはり経験を積むしか無いでしょう、、、、、、


          今回は、一組年配の日本人のご夫妻が参加されていました。ご主人が熱心に諸戸 圭先生の

          動作をご覧になって質問されていたので、きっと御料理が大好きなご主人!と期待して

          試食の折に伺いましたら、、、、、奥様曰く、’おいしいものを食べるのは大好きなの。

          でも作ってもらった事は無いのよね〜  40年そうだから変わらないでしょうけど。。。。’

          と、でもお料理教室に参加されたのをとてもエンジョイされている様子でした。








          レウストランをされている頃は、諸戸 圭先生の御母様がいつも綺麗なお花を生けておられました。今回もそうなのでしょう、


          静かに日が陰りつつ、、、、、、


          美味しいお料理とぴったりの赤ワインの至福の時が終わりかけています。


          次回は12月11日!詳しくは下記へ


          お問い合わせ:www.a-table.me














          ミラノ,ロザンナ オランディーのショップ

          2010.11.26 Friday

          0




            ミラノの住宅街、マジェンタに生まれたアートと工芸のショップ、2002年発足

            オーナーは注目されるミラネーゼーロザンナ オランディー女史。


            いつの頃からか、デザイナーや海外のバイヤーは、ミラノのセンターからタクシーを走らせて
            彼女のお店にやってくる頻度が増しています。それは彼女の独特の目で集められた工芸品達、
            マーケティングや顧客ニーズの分析を経て来ていない商品達、今おしゃれなミラノでは新鮮!


            彼女とデザイナー達の出会い、そしてショップを訪れたメーカーとのコラボで、沢山の美しい
            工芸品が生まれています、彼女は、作家自ら手を汚して作った作品を好みます。そして、
            彼女が美しいと信じた物は必ず販売されて行くと信じています、1年で売れなくても、それは
            必ず時間が解決してくれると!




            あるとき、エットレソットサスは、夏の休暇をフィリクーディー(シシリーのイオニア諸島)
            で過ごし、ゆっくり身の回りを見渡したそうです、そして気がついたのは、家電や電話機、食器
            日常の物があまりに経済効率から生まれている事!人が幸せになる事が先決ではなくて、いかに
            効率良く、沢山売るか?利益を上げるか?にプライオリティーをおいて作られている商品群が
            多い事か、、、、、、嘆いたマエストロは、‘エノルメ’(巨大な)という名称の電話器をデザインしました。勿論ソットサスの事、エンジニアを入れて立派な商品に育て上げました







            偶然今年の4月のミラノサローネの時に集まった4人の北イタリアの女性パトロン達。



            ミラノグランドホテルのオーナー、ダニエル、ベルタツイオー二さん、クールマイヨールの
            画商、グロリアンダー氏、今回のロザンナさん、そしてベネツイアビエンナーレのキュリエイタ


            ヨーロッパには今も歴然と階級が存在していてその中で、パトロンの存在は、多くの美術、
            音楽、工芸、工業デザインを裾野広く育てているそんな土壌が今も残っているのが魅力です。


            彼女達の日常の挨拶は、最近見つけた新人のアーティストの話、企画している展覧会の話!
            そして時間を見つけて駆けつけたいとチェックしている世界の美術館の展示内容など、、、、、

            お目にかかる度に刺激的で魅力的!


            きっと若さの秘訣なのでしょう。。。。。