ミュンヘン郊外=バイヤンの魅力

2018.07.26 Thursday

0

     

     

     

     

     

     

     

     

    ミュンヘン郊外のバイエルン地方に友達が出来、ドイツの魅力を

     

    堪能する旅になりました、この静かな南アルプスの麓の小さな村の

     

    ’マルク フランツ美術館’を訪問しました。彼自身の絵画は少なく、

     

    ワシリー カンデンスキー、オーガスト マックの作品が多く展示されています。

     

    その訳は、ミュンヘンに行き分かりました。。。。。。。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ミュンヘン中心部にある’レンバッハハウス’は、ドイツの銀行が

     

    マルク フランツの作品を買い込んで沢山見ることが出来ます。

     

     

    1883年生まれのマルク フランツは、表現主義を唱えて、

     

    ’青騎士’の雑誌を創刊、ミュンヘン郊外の小さな村で、芸術家達と

     

    生活を共にして、’青騎士’の意図、目的、表現方法等々、、、、、

     

    熱く語り合ったのだそうです。。。。。若くして訪れたワシリー

     

    カンデンスキーはその後大きく作風が変わったようです。

     

    ミュンヘン育ちのクリストフさんは、自慢気に話してくれました。

     

    空気が澄みわたり、乾燥しているせいか?とても新鮮に感じます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    建築の日本展ー森アートミュージアム

    2018.07.25 Wednesday

    0

       

       

       

       

       

       

      ドイツの友人からメールが来て、もうこの展覧会見た?との事で

       

      慌てて伺いました、古代から現代までという壮大なテーマだったので

       

      少し的の絞りかたが緩慢に感じましたが、丹下健三、谷口吉生、

       

      安藤忠雄、隈研吾、妹島和世、坂茂、という国際的に高い評価を得ている

       

      建築家達の図面や、模型がたくさん集められていて見応えのある展覧会

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      桂離宮を世界に広めた、ドイツの建築家ーブルーノ タウト氏の

       

      本、コルビジェの片腕だったシャーロット ペリアン女史の

       

      戦中、戦後を通しての日本の伝統工芸との出会い等々、、、、、、

       

      時間がいくらあっても足りない展覧会です。

       

       

       

       

      ミラノの街角

      2018.07.25 Wednesday

      0

         

         

         

         

        サローネーキッチンの一番の関心事は、アントニオ チッテリオ氏

         

        主導に寄る、B&B社が買収したアークリネアキッチン、チッテリオの

         

        ’ディテールに神が宿る’と思わせるデザイン!そして新しく取り入れられた

         

        ペーパーストーンのキッチンアクセラリー、ショールームもドリーニ通り

         

        B&B社真ん前にオープンし、ミラノのインテリア業界が益々、キッチンから

         

        始まるインテリアの統一に磨きが掛かっている感じがします。

         

         

         

         

         

         

         

        やはり、サローネに現れた坂茂さんが、本の奥く台を設計したので

         

        見に伺ったドイツの出版社’タッシェン’ ミラノ店。

         

        ジオポンティーの照明、家具が、置かれて、本屋さんの新たな

         

        挑戦を感じます。

         

         

         

         

         

         

         

        ミラノの老舗ホテルーグランドホテル エ デ ミランのオーナー

         

        ダニエラ ベルタツオー二女史と食事、エレガントなドン カルロス

         

         

         

         

        ソルフェリーノ通りの手作り眼鏡屋さんーマルケージの四代目と

         

        そのお母様、楽しく仕事をしていてつい、不必要なメガネを買ってしまいます。

         

         

         

         

        神戸ショールームサローネ報告会

        2018.07.24 Tuesday

        0

           

           

           

           

           

           

          神戸居留地にオープンするキッチンハウス、7月23日は、150名を超える

           

          コーディネーターや、ハウスメーカー、建築家が集まり、今年のサローネの

           

          様子をご紹介しました。

           

           

           

           

           

           

          昔の仕事仲間ーパトリシア邸

          2018.07.24 Tuesday

          0

             

             

             

             

             

             

            大きな敷地に、ご両親、二人の兄弟家族と住んでいるパトリア邸

             

            古い農家を改造して、インテリアはブリアンザならではの、コンテンポリー

             

             

             

             

            中央で肩を組んでいるのが、出会った頃3歳だった娘のファビオラ

             

            成人してポリフォームでデザインをしているそうです、お昼休みに自宅に

             

            会社の同僚を連れてランチタイムをエンジョイしています、郊外では

             

            今でもランチは全員自宅で食事をするので、一時間半は十分休みます。

             

             

             

             

             

             

             

             

            B&Bやティッせタンタという、大きな家具を扱っていましたが、

             

            今は、高級な食器や家庭用品の卸をしているので、キッチンハウスの

             

            ショールームのオートクチュールのコーナーの陶器を見に来ました。

             

             

             

             

             

             

            仕事の合間にランチで自宅へ戻って、芝生の良い香りを吸って、

             

            仕事へ戻って行く、豊かな時間が流れています。。。。。。。

             

            先週は、ファッション業界に近くなった、北イタリアのデザイン界の

             

            スピーチが会社で行われた様子です。家族全員が、モダン家具の仕事に

             

            付いているパトリア家では、激しいデザイン論が取り交わされています。

             

            でも、とても牧歌的に。。。。。。

             

             

            続きを読む >>